健康/美容

アラサーになったらAGA治療薬でハゲ予防すべき2つの理由

【結論】AGA治療薬でハゲ予防をすべき

ハゲは人生で損をします。

アラサーになったらハゲ対策に真剣に取り組みましょう。

ハゲることは恋愛や対人関係、自己肯定感の観点で圧倒的なデメリットになります。何かしらの分野で圧倒的に成功を収めている有名人、著名人であれば話は別ですが、一般人にとっては非常に重要な要素になります。

まとめ
  1. ハゲは人生で損をする
  2. アラサーになったら早めの対策が重要
  3. AGA治療薬を使う

【理由1】ハゲは人生で損をする

ハゲの恋愛においてのデメリット

言うまでもありませんが、ハゲの最大のデメリットがルックスへの悪影響です。ハゲること=恋愛において圧倒的不利になります。良い結婚相手を見つけることは人生において非常に重要であるため、その後の人生にも関わってくるといっても過言ではありません。

2018年にハゲ活(https://hagekatsu.com/)が女性向けに実施したアンケート調査によるとハゲが嫌いの割合は7割になっています。「逆に3割は好きなのか!?」という捉え方もありますが、7割の女性からは第一印象で嫌われる訳です。

ハゲによる自己肯定感への影響

ハゲると自信がなくなります。
著名人で言うと、故志村けんさんや、ソフトバンクの孫正義さんのように、圧倒的な才能があれば別ですが、ハゲることは男の自信のなさに直結します。

私の周りの友達でも昔はイケメンだったにもかかわらず、アラサーになってハゲてきた人がいます。見た目はもちろんピーク時と比較すると劣化したのですが、男としての自信も無くしてしまったようで昔のモテ男の面影はありません。笑

自己肯定感が低くなることは恋愛だけでなく、仕事や対人関係においてもマイナスとなるため、ハゲないことはめちゃくちゃ重要です。

【理由2】アラサーになったら早めのハゲ対策が重要

ハゲ対策は早期治療が非常に重要です。40歳、50歳で完全にハゲてしまったらもう元には戻りません。

早期対策が必要な理由
  1. 毛の周期(何回生え変わるか)は人生で15〜20回
  2. ハゲの場合は毛の周期が1,000日から100日になる
  3. 対策が遅れると毛の寿命が尽き、二度と生えてこない

簡単に理由を説明すると毛の周期(何回生え変わるか)の回数はあらかじめ決まっています。一般的には生涯で15〜20回の毛の周期があり、それ以上になると髪が生えてくることはあり得ません。

健康な人の毛の周期は1,000〜2,000日と言われていますが、ハゲが進行するときはこの周期が極端に短くなります。
この状態を放置しておくと35歳、40歳の時点ではすでに毛の周期が残っていない(=二度と生えてこない)ということになりかねません。

ハゲ治療はまさしくこの毛の周期の短縮化を防ぎ、毛の寿命を伸ばすことにあります。

また、ハゲ対策にはAGA治療薬のみが効果があると立証されています。
詳細は別記事でまとめますが、プロペシアとミノキシジルの使用をオススメします。

世の中には数多くのハゲ対策商品(サプリ、シャンプー、トニック等)が販売されていますが、多くはステマに近いので注意が必要です。

【まとめ】手遅れないなる前にハゲ対策を

早期のハゲ対策は非常に重要です。

実際に私も28歳からAGA治療薬を使用しております。自分では少し薄くなってきたかな?と感じていたのですが、治療を開始して1年程度で後退し始めていた生え際が完全に戻りました。
担当医師の方にもやはり早期の治療が功を奏した結果と言われております。

男としての自信を無くさないためにも今すぐハゲ対策に取り組みましょう。